女将歳時記~蟄虫坏戸~

朝、霧が深く、杉にかかる霧を眺めて「古都に出てきそうな風景や~」としみじみ思いました。また観たいな、古都。ぐんと冷え込む朝晩。自然にとっては、この温度差が必要な物もたくさん有ります。かつてはこちら京北でも産物だった松茸もしかり。だった…と言わないといけなくなったのは非常に残念ですが。春の蟄虫啓戸(ちっちゅうこをひらく)に対し、秋の蟄虫坏…

続きを読むread more

女将歳時記~秋の七草~

あれ?今年は萩の咲くのが遅いなぁ…毎日思いながら掃除してました。 萩の花  尾花葛花 撫子が花をみなへし  また藤袴  朝顔が花 秋の七草を思い浮かべるだけで、暑さで疲れた体にそよそよと風が通り抜ける感じがしてわくわくします。 いつもなら、わっさーと咲いて散る萩が困り者です。 ある時気付きました(・…

続きを読むread more

秋の京北 ちょっと一服、おこしやす

朝晩がとても涼しくなり、虫の声が秋分らしい風情を感じさせてくれます。 夏はこのコロナ禍にもかかわらず、鮎づくしをお求めに京北周山までお越し下さり、本当に嬉しく、お客様に元気を頂きました。御礼申し上げます。 お客様に「ブログ更新してないね~」「ブログ見てるよ!」とお声を掛けて頂きました。あっ‼️ブログブログ~‼️と思いつつ、日が経つの…

続きを読むread more