女将歳時記~端午の節句~

真実、実家の大原野から美味しい筍が届きました。 子ども達の好きな若竹をして贅沢に頂きました。 まだ子ども達が小さい頃、お客さんの後に残った筍で、若竹をしてくれた義母の事を思い出します。 思い出すと言えば… ちょうど今時分、木の芽をたくさん仕入れて、夜な夜な掃除をして、大きな鍋で炊くのですが、以前、その仕事は大女将であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more