一本の電話

秋晴れ
画像


真っ青な空を見上げてると、

嫌な事なんかどうでもよくなります

そうそう、嫌な事はイイ方へと変わっていく為の通過点だといつも、そう思うようにしています。



先日、一本のお客様からのお電話がありました。

それは、苦情のお電話でした。

でも、きちんとご説明させて頂くと納得して頂けました。

が、少しの時間でも不愉快な思いをさせてしまった事にたくさん考えて、たくさん反省しました。




私の立場としていつも

「いかかでした?」とお伺いすることは好きではありません。

そう聞かれると、

「良かった」「美味しかった」と答えるのが世の常だからです

本当のお気持ちが聞けない気がして・・・




お客様からのお言葉は素直に受け止めます

イイことも
ワルイ事も



で、商売柄、表情で察してしまっちゃったりします。

これはきっと、職業病ですね。。。

でもこれが本当はすごく大切で、KYな接客にならない為の技でもあります。




先日、長年ご贔屓頂いているお客様が、お友達にうちを紹介して下さいました。

お見送りしてからも、ずっと「ご満足いただけたかな~」ってすごく気になっていました。

お料理、接客、料金のバランス、居心地・・・

どうだったのだろうか・・・


今朝、その紹介下さったお客様からお電話を頂きました。

「とっても良かったって、喜んでもらえました(中略)お礼を言わなくっちゃって・・・」

と言う内容でした。


モヤモヤした気持ちがスーッとしました。


だって、ご紹介いただいた方の顔もあり、気に入って頂けなかったら、その方の立場台無しにしてしまいますもんね。


「私達も、またお邪魔しますので・・・」と電話を切られました。

これが一番嬉しいお言葉です。


嫌ならもう来て頂く事は無いでしょうし、

再びお越しいただけると言う事は、少なからずともお気に召したと言う事で・・・



今日の秋晴れは、私の心の晴れ様とも似た爽やか満点



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 京北

    うちの両親は、「料理もおいしいけど、若女将がかわいいからまた、行きたくなるわ」って言ってるよ
    2009年10月16日 22:32
  • Syu

    京北さん***
    ンギャー
    嬉しいコメントありがとうございます
    お母様によろしく~
    またお会いできる時を楽しみにしております
    2009年10月18日 18:08

この記事へのトラックバック